209

ブランドロゴ:THONET

商品画像:209

数多くある曲木椅子の中でも代表的な一脚。
繊細で表情豊かなこの椅子は、元々事務用肘付椅子としてデザインされました。
1920年代、当時活躍していたモダニストの建築家に注目されます。とりわけル・コルビュジエが好んで自身の建築のインテリアとして度々使用したことで脚光を浴び、今では「コルビュジエ・チェア」とも呼ばれるように。
氏は著書の中で「壁は白。籐の椅子または、トーネットの曲木椅子・・・。気の利いた部屋は、こんなにわずかなもので足りるのだ。」と述べているとおり、とてもこの椅子を気に入り、実際にプライベートの生活でも愛用していました。

詳細検索

価格
-