about the THONETトーネットについて

HISTORY

ミヒャエル・トーネットは19世紀中頃、曲木の加工技術を完成させ、
世界で初めて家具のマスプロダクト化に成功します。
そして同時に生産体制、世界各地への輸送方法、販売促進、新商品開発など、
企業としての必要条件を短期間の内に整えていきました。

20世紀に入って、技術に対するトーネット社の姿勢はバウハウスとの
協力関係という革新的な方向性を作り、その後のトーネット社に
大きな影響をもたらします。

しかし第二次世界大戦はトーネット社にとって最も厳しいハードルでしたが、
大いなるチャレンジ精神でそれをも乗り越え、現在のトーネットは優れた技術と
世界的デザイナーとのコラボレーションを軸に、未来を見据えた製品作りに
挑んでいます。

SUSTAINABILITY

THONETの工場では早くからISO 9001を取得し、徹底した品質管理・向上に取り組んでいます。
塗料は全て水性、廃木材を燃料として工場で使う電力の一部を賄うなど、
特に厳しい基準を独自に設けて実践してきたため、THONETは環境に配慮した会社経営に
与えられる認証システム「グリーン・グローブ」を家具業界において初めて取得しました。

さらにTHONET社の目指すサスティナビリティ(持続可能性)は環境問題だけに留まらず、
製造方法や材料が環境保全に即しているかどうかを常に検討し、改良がなされています。
それによって、THONETの製品は飾り物でない、“今、使いたい”道具であり続けることが
できるのです。

PURE MATERIALS

「時間を掛けて、自分だけのお気に入りの家具にしていく」
というのがピュア・マテリアルの考え方です。

使い込むほどに増す艶や風合いを、エイジングと捉えて積極的に楽しむ、
というスタイルを提案しています。

そのために厳選された素材はどれも最上級の品質で、時間の経過と共に
素材独特の風合いが魅力的に引き出されていきます。

十年、二十年かけて、自分と過ごした時間や思い出と共に、オンリーワンへと成長します。

名作椅子とアイデック THONETの商品一覧はこちら