第一章曲木とトーネットの出発点